会長/翻訳者の経歴

職歴

NTTの研究所において20数年間、電子交換機の開発、デジタル通信網構成、ネットワークアーキテクチャの研究に従事。その後、NTTアドバンステクノロジ株式会社(NTT-AT)にて品質管理を担当した後、翻訳サービスセンタで、5年間にわたり日英、英日翻訳に従事。

国際活動

英文論文投稿(ITU Journal, IEEE, 電子情報通信学会等)および、国際会議における論文発表、基調講演、パネルディスカッション発表多数。また、研究所幹部、他研究者のために論文翻訳、英文添削多数。

ITUの依頼により、交換技術、ネットワーク技術に関する世界各地でのセミナの講師。
NTT主催の交換技術、ネットワーク技術に関する世界各地でのセミナの講師。
ネットワーク設計のコンサルタント。

8年間、ITU CCITT GAS9 副議長(同作業部会議長)として通信網デジタル化に関するマニュアルを国際共同作成。この活動に対して日本ITU協会賞受賞(1992)。

国際共同研究TINAのコアチーム員として米国に1年滞在し、サブグループのリーダを務める。その後も、TINA支援チーム議長として活動した。

CCITT GAS9, IN Workshop, TINA Workshop, TINAコンソーシアム委員会等の日本開催時の事務局。

共著:ネットワーク・アーキテクチャ、オーム社、1994
共著:The TINA Book, Prentice Hall Europe, 1999

資格

英検1級。TOEIC 955点。運輸省通訳ガイド試験合格。

英文添削者 K.F.氏 の経歴

英国ブリティッシュテレコム(BT)にて同軸及び光ファイバ海底ケーブルシステムの開発、通信網研究開発戦略の策定に従事。その間、交換研究員として半年間NTT研究所に勤務。BT退職後、英語教師免許取得。EC通信部に3年間勤務。技術士。

英文添削者 J.S.氏 の経歴

米国AT&Tベル研究所ついでBellcoreにて主に伝送システムの保守運用関連のシステムエンジニアリングに従事。Bellcore国際技術部長を最後に退職。その後、経営・技術コンサルティング会社M.F. Smith & Associatesの専務取締役としてビジネス開拓と電気通信産業の調査研究に従事。現在、コンピュータ技術を指導する一方、新聞数紙にコンピュータに関するコラムを寄稿している。